FC2ブログ

静岡県伊豆山温泉 界 熱海9@パブリックその4(2016年8月)

「ヴィラ・デル・ソル」から…これが坂路調教の真骨頂w
下から上へ…はひーっ!
よし、頑張ってひーひーしながら風呂行くぞw
あ、もちろん、送迎してくれるんですよ?
ここでお世話になったというかいろいろお話したおねえさんが「送迎いたしましょうか」なんて言ってくれましたけども、
でも、ここはやっぱり自分の足で歩かないと、ね。

てなワケで「走り湯」から('A`)
お風呂の写真はすべて相方提供でございます。
男性の時間の方が写真撮りやすかったみたひ。

201608kaiatami0358.jpg
↑「青海テラス」の左手に「走り湯」ってのも変なんだけどねw
だってさ、「青海テラス」なんて知らんのだものw

続きを読む»

テーマ:温泉宿 - ジャンル:旅行

静岡県伊豆山温泉 界 熱海8@パブリックその3(2016年8月)

よし、ガソリン補給したし、次なる目的地にいざっ('A`)

201608kaiatami0125.jpg
↑そう、あの屋根。

ヴィラ・デル・ソル」には、今から12、13年前?くらいの夏に泊まったと思う。
部屋はセミスイートの21号室だったかな。
目当てはフレンチもさることながら、「古々比の瀧」に入るのが目的だった。
だったんけれど、こともあろうに、その年、台風の豪雨のために「古々比の瀧」の崖が崩れてしまい、残念ながら入浴することは叶わなかった。

それから月日は経ち、135を通る度に「蓬莱」を、ビーチラインを通る度に瀟洒な「ヴィラ・デル・ソル」を車窓から眺めるだけだった。

女将が見初め、大磯から移築し6年がかりでこの地に据えたこの建物が、結局は「蓬莱」に引導を渡してしまったのもなんという皮肉なんだろう。
そう思うとなんとも、ね…

201608kaiatami0126.jpg
↑海辺に佇む瀟洒な「太陽の館」。

201608kaiatami0133.jpg

続きを読む»

テーマ:温泉宿 - ジャンル:旅行

静岡県伊豆山温泉 界 熱海7@パブリックその2(2016年8月)

ハイハイ、行きはヨイヨイ状態で「青海テラス」に(゚∀゚)キタコレ!!

201608kaiatami0386.jpg
↑ほうぅ('A`)
「青海テラス」とな。

201608kaiatami0211.jpg

201608kaiatami0117.jpg

ほぇぇぇぇぇ('A`)
こんなん造ったんだぁ。
いやはや。
モサい星野サンが考えつくことなんだろうな、やっぱw
お金あるんだから(いや、あるかは知らんw)、もうちょっとさ、お金掛けて…んー、でも、お金でなんともならないセンス。
難しいねぇ…
青海テラスだかカッペテラスか知らんけどもさw

続きを読む»

テーマ:温泉宿 - ジャンル:旅行

静岡県伊豆山温泉 界 熱海6@パブリックその1(2016年8月)

お風呂に入りながら、アタリを徘徊('A`)

201608kaiatami0073.jpg201608kaiatami0099.jpg

そのうち見えてくるぜ、天国への階段w
And she's buying a stairway to heaven♪
でも、天国への階段は…地獄の坂路調教w

続きを読む»

テーマ:温泉宿 - ジャンル:旅行

静岡県伊豆山温泉 界 熱海5@客室その3(2016年8月)

ハイ、主室でございますね('A`)

201608kaiatami0042.jpg
↑部屋に入った瞬間、そう、この葭戸に(゚∀゚)ノ キュンキュン!
いいね、この夏のしつらい。
こういう雰囲気はへんちくりんなデザイナーズ旅館が束になっても敵うまい。

この部屋に入ってからふと思ったことをつらつらととりとめなく書くので、読み飛ばしてくださいよ?('A`)

そう、この雰囲気はちょっとやそっとのポッと出のインチキ臭いデザイナーズ旅館では敵わない。
だからこそ、カッペ全開の星野サン、「蓬莱」を喉から手が出るくらい欲しかったかもしれないねw
西武の堤康次郎は関東大震災後、被災した宮様方の土地を二束三文で手に入れた(ここらへんは猪瀬直樹『ミカドの肖像』でも読んでくだされ)。
そこには純粋に経済の原理原則が働いたかもしれないけれど、そればかりではあるまい。
皇族・皇室が持つ「権威」を欲したからだ。
強烈なコンプレックスの裏返し。
その構図にちょっと似ていないこともない。
堤康次郎も星野サンもさ、共通してカッペなスノッブだよねw
ああ、共通項「軽井沢」も、かw

話を星野サンに戻しますと…
星野サン見てると、お金死ぬほど持ってて、クルマもすげぇの乗ってて、なおかつハイブランドで全身身を固めてるんだけど、超絶ダサい人っているじゃん?w
そういうアレレな人思い出すんだよねw
お金持ってても、教養や美意識ってどうにもならないってこと。
「日本文化の破壊者」ってこの人のことを評する向きもあるけれど、「破壊者」じゃないと思うの。
洗練された美意識なんてモノは皆無なんだから、破壊でもなんでもないのw
最初から持ち合わせてもいないし、壊れてると思えば腹も立たないよ?w

そうそ、ちょっと前の話になるんだけれど、7月20日BSフジの「プライムニュース」にちょうど星野サン、「星のや東京」のオープンに合わせて出演してたけど、口では強気だったなぁw
「星野リゾート」のフラッグシップ「星のや東京」泊まりたいとは思わないけど…それに外資と勝負になるんか?
なかなか興味深いですね。
ま、そんな星野サンが自信満々で「日本文化の体現者!」みたいな顔してTVでああだこうだおっしゃってましたが、
どうもいまだにインバウンドでがっちり儲けたい、みたいな、ね。
インバウンドのマーケット、まだappetiteではあるけれど、果たしてどうかな?
あたしゃ、2020年までに訪日観光客4000万って勘弁して欲しい部類w
別にインバウンドの恩恵なんか浴す業種でもないし、基本的に超内向きな人だしw
今でようやく2000万に行くか行かないかくらいでしょ?
今でも全然間に合ってないけど、2020だってキャパもインフラも全然追いつかないんじゃないの?
もし、4000万も訪日観光客が来たら…そんなにガイジンだらけだったらどこも行けねーよって思っちゃうわ。
それにさ、星野サン、明日香村にも進出するらしいじゃんか。
奈良は宿泊施設が少ないから勝機あるって見てかもしれんけど…
止めてよ、大和は国のまほろばですよ。
だから、文化の破壊者って言われるんだよw
って言いながら、明日香村は大好きな場所だからのんびり歩いてみたいので、出来たら泊まりに行ってチェックしたいと思ってる、正直言うとw
まぁ、野心的な戦略、ニューオープンも結構ですけど、足場固めてから言いましょうと突っ込まずにはいられませんw
まぁ、どう考えても「日本文化としての旅館」は商売としてのパッケージなワケで、それを「日本独特の文化」だ、「おもてなし」だの、すり替える。
もろに商売っ気丸出しな癖に「文化」って言っちゃうアタリがいやらしいわなw
あ、ジワジワ来るあざとさ…あ、アレ?
なんか既視感がw
ここ」かw
そりゃ、広報誌かと間違える勢いで御用雑誌になるくらいだから、既視感も何もあったもんじゃないねw

話をここに戻しますと…
お金ある(かどうかは知らないw)けど、カッペ全開でセンス皆無な星野サンと小面憎いまでに洗練された高い美意識を持つけれどお金がなかった「蓬莱」。
その昔の、伊藤伝右衛門と柳原白蓮みたいな…無教養な成金野郎に買われた没落華族のお姫サマみたいな組み合わせをふと思い出す。
星野サンにとって「蓬莱」はトロフィーワイフなんだなとふと思った。

201608kaiatami0038.jpg201608kaiatami0039.jpg

続きを読む»

テーマ:温泉宿 - ジャンル:旅行

プロフィール

ちゃろちゃんねる

Author:ちゃろちゃんねる
アタマがアレなので難しいことはとにかくニガテ。
ユルくダラダラと生きるのが好き。

ま、いつも通りにテキトーに。

「レポ」とか何さま気取り?みたいなw
そんなカッケーもんじゃない。
「レポ」なんつって書いてたらちゃんちゃらおかしいわw
確かに全世界に垂れ流してはいるが、極めて内向きのオ●ニーブログですw
でも、全部自腹だよーんw
なので、書いてることは感想はあくまでもアテクシどもの個人的な感想、ゆえにまったく参考にならんと思うので、各自自己責任で、なw
ヲイラは責任取れません。
予定では0:00の更新だよ。

「全記事一覧」から記事を見ようとすると、めんどくさいと思うので検索してみてくださいお('A`)
…てか、検索してまでも見ないわなw

<掲載予定>
・小ネタ
・京都旅


写真はポチっとしてみておくんなまし。
今更ですが…記事・写真、コメント・TBの無断転載・転用はお断りいたします。

ちょっと試験的にテンプレを変えます。
なんかいいテンプレないかねぇ('A`)

最近の記事
最近のコメント
最近のTB
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!人
ロムってる人 |д゚)
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
gallery