FC2ブログ

光悦寺(2018年11月)

んで、それからの光悦寺。
光悦寺と来りゃ、本阿弥光悦なワケで、書家なのか、陶芸家なのか、はたまた芸術家なのか…琳派の親玉として、
一時代の芸術の流れを形作った光悦はマルチクリエイターであり、プロデューサーなワケですが…
ってフリが長いが、我々にとっては光悦寺と来りゃ、「バカ女」を思い出すワケです。

おそらく一人旅。
光悦垣で写真を撮りたい、ん、それは間違いじゃない。
で、「写真を撮ってください」
おー、そかそか、撮って進ぜよう。
女、あれこれポージングに入る。
(#゚Д゚)y-~~イライラ
女、散々ポージングを決めたあとから「あ、脚はいいですから」

ん?
ありがとうじゃねーか、そこは。
ま、それくらいで沸点低かった我々もあの頃は若かったなヽ( ´ー)ノ フッ

そんなどうでもいい思い出はさておき。

201811kyo1st0006_201812280908474fb.jpg201811kyo1st0005.jpg
↑大徳寺塔頭の高桐院の参道もステキだが、ここもステキなんですよ…前回来たときは秋だったけれど、ほんといい感じだったんだけどな。
201811kyo1st0135.jpg

201811kyo1st0136.jpg
↑光悦寺はこの光悦垣。
割り竹を粗い目の菱形に組み、割り竹の束をのせたもので、頂部がゆるい曲線を描いてんですけど、何、この美意識。
しかも地形の高低に合わせてるという…さす光悦!
この曲線美ですよ、(;´Д`)ハァハァしちゃいますわ。

いくつかの茶室が点在してますん。

201811kyo1st0140.jpg

201811kyo1st0144.jpg
↑今年は灯台躑躅がよろしいようで。

201811kyo1st0143.jpg
↑鷹峯から市内方向を見下ろすけど、曇ってやんのw
スポンサーサイト



テーマ:京都 - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゃろちゃんねる

Author:ちゃろちゃんねる
アタマがアレなので難しいことはとにかくニガテ。
ユルくダラダラと生きるのが好き。

ま、いつも通りにテキトーに。

「レポ」とか何さま気取り?みたいなw
そんなカッケーもんじゃない。
「レポ」なんつって書いてたらちゃんちゃらおかしいわw
確かに全世界に垂れ流してはいるが、極めて内向きのオ●ニーブログですw
でも、全部自腹だよーんw
なので、書いてること、感想はあくまでもアテクシどもの個人的な感想、ゆえにまったく参考にならんと思うので、各自自己責任で、なw
ヲイラは責任取れません。
予定では0:00の更新だよ。

「全記事一覧」から記事を見ようとすると、めんどくさいと思うので検索してみてくださいお('A`)
…てか、検索してまでも見ないわなw

<掲載予定>
・京都旅

写真はポチっとしてみておくんなまし。
今更ですが…記事・写真、コメント・TBの無断転載・転用はお断りいたします。

ちょっと試験的にテンプレを変えます。
なんかいいテンプレないかねぇ('A`)

最近の記事
最近のコメント
最近のTB
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!人
ロムってる人 |д゚)
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
gallery