FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『うつ病九段』 先崎学

book388.jpg

読書期間 7月17日~7月18日
先崎学 『うつ病九段』

先崎学…米長邦雄門下。
「羽生世代」としてくくられることもある。
1979年の「よい子日本一決定戦 小学校低学年の部」で優勝。
ちなみに準優勝は同い年の羽生善治だった。
羽生善治が頭角を現すまでは文句なしに「天才」と呼ばれた男。
棋戦ではなかなか活躍出来なかったが、軽妙な語り口で知られるエッセイなどとてもおもしろい。
私は先ちゃんが書いたモノの中ではエッセイではないが、90年の谷川-羽生の竜王戦の観戦記…「ひとりで行って」。
それと観戦記の「一歩竜王」が好きだ。
藤井猛の▲8六歩と歩を取った手が羽生を退け竜王三連覇への道を開いた一手。
それと先日の第76期名人戦に寄せた「昇る落日」も。

そんな先ちゃんだが…

2017年8月2日に予定されていた第76期順位戦B級2組・村山慈明戦を休場。
その後、2017年9月1日から2018年3月31日まで全公式戦を休場する旨が、日本将棋連盟から2017年8月10日に発表されたが、
休場の理由は「一身上の都合」とのみ発表され、さまざまな憶測を呼んだ。
特に5ちゃんねるではもちろんスレが立ち、先ちゃんの休場理由についてあれこれとまことしやかに囁かれた。

将棋界は藤井ブームに沸き立っていた。
いや、将棋界だけではなく、連勝を重ねるごとに社会現象にまでなった。
前年の不正ソフト使用疑惑などでイメージダウンした将棋界などなかったかのように。
藤井聡太というひとりの中学生の出現が将棋界を救った。
その影で「最強の羽生世代」の一員とまで言われた男が心を病んで将棋界から遠ざかっていた。

うつ病で休場を余儀なくされた棋士が復帰するまでの1年間を書き綴ったこの一冊、なかなか興味深く読ませてもらった。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゃろちゃんねる

Author:ちゃろちゃんねる
アタマがアレなので難しいことはとにかくニガテ。
ユルくダラダラと生きるのが好き。

ま、いつも通りにテキトーに。

「レポ」とか何さま気取り?みたいなw
そんなカッケーもんじゃない。
「レポ」なんつって書いてたらちゃんちゃらおかしいわw
確かに全世界に垂れ流してはいるが、極めて内向きのオ●ニーブログですw
でも、全部自腹だよーんw
なので、書いてることは感想はあくまでもアテクシどもの個人的な感想、ゆえにまったく参考にならんと思うので、各自自己責任で、なw
ヲイラは責任取れません。
予定では0:00の更新だよ。

「全記事一覧」から記事を見ようとすると、めんどくさいと思うので検索してみてくださいお('A`)
…てか、検索してまでも見ないわなw

<掲載予定>
・小ネタ
・中国大返し

写真はポチっとしてみておくんなまし。
今更ですが…記事・写真、コメント・TBの無断転載・転用はお断りいたします。

ちょっと試験的にテンプレを変えます。
なんかいいテンプレないかねぇ('A`)

最近の記事
最近のコメント
最近のTB
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!人
ロムってる人 |д゚)
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
gallery
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。