FC2ブログ

『砂の器』 (下) 松本清張

book358.jpg

読書期間 2月4日~2月6日
松本清張 『砂の器』

「カメダは今も変わらないんでしょうね」
行きたいわ、亀嵩w
やっぱ清張、マジ天才、みたいなw

「砂の器」は盛っても盛っても儚くて、崩れ去っていくモノ…
『砂の器』では、主人公の哀しい殺人の動機、またトリックの謎解きも興味深いのだが、ワタシ的にツボだったのは、和賀英良やら関川重雄が属する「ヌーボー・グループ」。

若手の前衛芸術家グループである「ヌーボー・グループ」、そのメンバーの芸術家たちは既存の思想や文壇・芸術を一刀両断し、新たな文化人たらんとする。
立身出世主義を軽蔑し、既存の芸術的観念も否定しているように世間にはポーズを取っている。
が、しかしいずれもプライドが高く、本心では強烈な立身出世願望を持っていた。
結局、このヌーボー・グループ芸術家連中は既存の価値観や概念を否定することが強烈なコンプレックスであることに気づかない。
否定することが新しい価値観の創造とさえ思っている。
が、栄達を図るという欲望に支配されて、それまでの既成の社会概念の中で自己撞着して行く様子が表現されている。
この『砂の器』に登場する文芸評論家の関川重雄は、同じグループの音楽家・和賀英良をこき下ろす一方、それまでの評論なども徹底的に叩くのだが、
そんな文芸評論家の大先生、新しい思想、観念を、社会を創り上げるのは我々であると妄想しながら、
銀座のクラブに勤めている自分の女に対しては、徹底的に社会から隔絶した生活を送るように命じる。
それはなぜなのか、彼もまた既成概念という階級・身分社会主義に毒され支配されていたからなのである。
新しい価値観の創造だの、なんだのと言葉遊びに終始しながら結局は今までの概念に雁字搦めになっている芸術家気取りの連中。
おそらく清張が一番キライな連中だったのだろう(苦笑

『砂の器』のおもしろさはここにもあると思う。
スポンサーサイト



テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゃろちゃんねる

Author:ちゃろちゃんねる
アタマがアレなので難しいことはとにかくニガテ。
ユルくダラダラと生きるのが好き。

ま、いつも通りにテキトーに。

「レポ」とか何さま気取り?みたいなw
そんなカッケーもんじゃない。
「レポ」なんつって書いてたらちゃんちゃらおかしいわw
確かに全世界に垂れ流してはいるが、極めて内向きのオ●ニーブログですw
でも、全部自腹だよーんw
なので、書いてること、感想はあくまでもアテクシどもの個人的な感想、ゆえにまったく参考にならんと思うので、各自自己責任で、なw
ヲイラは責任取れません。
予定では0:00の更新だよ。

「全記事一覧」から記事を見ようとすると、めんどくさいと思うので検索してみてくださいお('A`)
…てか、検索してまでも見ないわなw

<掲載予定>
・京都旅

写真はポチっとしてみておくんなまし。
今更ですが…記事・写真、コメント・TBの無断転載・転用はお断りいたします。

ちょっと試験的にテンプレを変えます。
なんかいいテンプレないかねぇ('A`)

最近の記事
最近のコメント
最近のTB
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!人
ロムってる人 |д゚)
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
gallery