FC2ブログ

信玄も山男も愛する@渋御殿湯(長野県)

てなワケですね、とっとことっとこと奥蓼を目指して行くですよ、山ん中を。

なんかクルマの下をごっつ擦りそうな悪路を行くと…

201709010tateshina0030.jpg
↑来ますた、渋御殿湯ざます。
標高1880mだそうな。
お隣の「渋の湯ホテル」は---------- 終了 -----------です。

201709010tateshina0031.jpg
↑山小屋ちっくっすな。

それもそのハズで八ヶ岳・天狗岳の登山口のすぐ傍ざます。
帳場で入浴料をお支払しまして…あ、館内2箇所お風呂があるですが、日帰りは西館のお風呂のみだそうです。
宿泊者のみの東の湯は足元自噴の渋長寿湯も楽しめるようですが…山なんかやらねーしなぁw

201709010tateshina0055.jpg201709010tateshina0037.jpg
↑シンプル極まりない脱衣室です、ハイ。

201709010tateshina0033.jpg
↑めっちゃ秘湯臭い雰囲気ですね。
お風呂は男女でそれぞれ反転。
ボディソープが置いてあるだけなので、お髪洗いたい人は持参なんですかね?

蓋がしてある方が加温、冷めないように蓋するですよ。

201709010tateshina0034.jpg
↑この板が結構重くてですね、なかなか重労働w

201709010tateshina0009.jpg
↑写真撮るためだけにムキになって全部外したけども、戻す時大変だっつーの。

201709010tateshina0039.jpg
↑途中で板を戻し始め、3枚ほど開けて入る…自宅の風呂より狭くなるw

201709010tateshina0042.jpg
↑むっちゃ冷鉱泉ざますが、あんまり冷たく感じなかったな。
じわじわ来るお風呂ですわ。
あれか?酸性硫黄泉っちゅーヤツか?(という温泉ソムリエだったりするw)

201709010tateshina0045.jpg
↑加温してある方と交互に入るですが、これがなかなか効く。
身体がぽっぽしますですよ、長いこと。
どっちも熱い(加温してあってさえも)ワケじゃないけども、なんて不思議なのさ。
まさに信玄の霊湯と認めってやってもいいぞw

201709010tateshina0074.jpg
↑眼の前の川、周りの木々は色づいてたけれど、苔がすごくキレイだった。

登山の行き帰りにここのお風呂入りゃ頑張れるっちゅーもんですな。
信玄も山男も愛するお風呂です。
スポンサーサイト



テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゃろちゃんねる

Author:ちゃろちゃんねる
アタマがアレなので難しいことはとにかくニガテ。
ユルくダラダラと生きるのが好き。

ま、いつも通りにテキトーに。

「レポ」とか何さま気取り?みたいなw
そんなカッケーもんじゃない。
「レポ」なんつって書いてたらちゃんちゃらおかしいわw
確かに全世界に垂れ流してはいるが、極めて内向きのオ●ニーブログですw
でも、全部自腹だよーんw
なので、書いてること、感想はあくまでもアテクシどもの個人的な感想、ゆえにまったく参考にならんと思うので、各自自己責任で、なw
ヲイラは責任取れません。
予定では0:00の更新だよ。

「全記事一覧」から記事を見ようとすると、めんどくさいと思うので検索してみてくださいお('A`)
…てか、検索してまでも見ないわなw

<掲載予定>
・京都旅

写真はポチっとしてみておくんなまし。
今更ですが…記事・写真、コメント・TBの無断転載・転用はお断りいたします。

ちょっと試験的にテンプレを変えます。
なんかいいテンプレないかねぇ('A`)

最近の記事
最近のコメント
最近のTB
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!人
ロムってる人 |д゚)
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
gallery