弧玖その3(京都)

いやぁ、お椀には度肝抜かれましたですよ。
すばらしい。

前田翔サン、招福楼の流れを汲む今はなき名店の『桜田』のお弟子サン。
わたしはグズグズしていて、『桜田』に寄せて頂くことなく『桜田』は閉店、
今はこうして招福楼の流れを汲む方々の料理や、『桜田』の弟子筋の料理を頂いて、想像するしかないのが哀しいのだが…

2015年に閉店した『桜田』…

「『桜田』の真の後継者は誰なのか」

ミーハーではありますが、その一点が気になります。
しばらく招福楼と申しますか『桜田』系行脚にハマりそうですw

<揚物> 本モロコ
201704kokyu0031.jpg201704kokyu0034.jpg
↑まずびっくりしたのが、出された瞬間の振り柚子の、鼻腔にふわっと広がる香り。
口に入れる前から香る爽やかな柚子の香。
そして、箸を運んでびっくりするのが、モロコのふわふわサクサク感。
聖護院のみぞれをたっぷり付けて頂くのだが、少しも水っぽくならない。
ふわサクな食感と聖護院の甘さが何とも言えない旨さ。
この本モロコは奥引きのモノだそうです。
モロコは大好きな食材だけれど、本モロコなんざ私らが住んでいるエリアではなかなか手に入らない。
いや、ほとんど手に入らないと言ってもいいだろう。
ご近所の仲良くして頂いてる方が、1日中釣り糸を垂れて2匹しか掛からなかったとおっしゃっていたが、その方から何年も前に数匹分けて頂いたのが最後。
それ以来、口にしてなかったなぁと思いながら、ひとくちひと口美味しく頂きました。
<八寸>
201704kokyu0035.jpg
↑これまた美しい大きな取り皿。

201704kokyu0037.jpg
↑春の美しい八寸。

201704kokyu0047.jpg201704kokyu0046.jpg
↑雪洞は桜海老の飯蒸し、そして白和え。

201704kokyu0041.jpg201704kokyu0040_20170422205427ad8.jpg
↑小松菜と揚げの炊いたんとかフツーなんがいいねぇ。
鰆なんだけど、あたしゃ、パリっと焼目も入ってもうちょっと香ばしいのが好きなので、この鰆はちょっとな…
それに時間経つとどうも生臭くもなるし、身も硬くなってくる。

201704kokyu0051.jpg
↑串は春の装い。
つくねやうずらの梅酢、よもぎの生麩、桜鯛の梅肉なんか。

つづく ('A`)
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゃろちゃんねる

Author:ちゃろちゃんねる
アタマがアレなので難しいことはとにかくニガテ。
ユルくダラダラと生きるのが好き。

ま、いつも通りにテキトーに。

「レポ」とか何さま気取り?みたいなw
そんなカッケーもんじゃない。
「レポ」なんつって書いてたらちゃんちゃらおかしいわw
確かに全世界に垂れ流してはいるが、極めて内向きのオ●ニーブログですw
なので、書いてることは感想はあくまでもアテクシどもの個人的な感想、ゆえにまったく参考にならんと思うので、各自自己責任で、なw
ヲイラは責任取れません。
予定では0:00の更新だよ。

「全記事一覧」から記事を見ようとすると、めんどくさいと思うので検索してみてくださいお('A`)
…てか、検索してまでも見ないわなw

<掲載予定>
・小ネタ
・ポンコツうへさま、湯治の記
・ポンコツうへさまのポンコツ夏休み

写真はポチっとしてみておくんなまし。
今更ですが…記事・写真、コメント・TBの無断転載・転用はお断りいたします。

ちょっと試験的にテンプレを変えます。
なんかいいテンプレないかねぇ('A`)

最近の記事
最近のコメント
最近のTB
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!人
ロムってる人 |д゚)
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

オススメリンク
宿らんおすすめブロガー/東府や Resort&Spa-Izu
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
gallery