花を踏んでは@哲学の道

真如堂からは哲学の道へ('A`)
雨はずっと降ってるで…

久々に来た、春の「哲学の道」。
しかも雨の哲学の道というのは、初めてかもしれない。

201704kyoto0666.jpg
↑銀閣寺の方から歩いてみる。

201704kyoto0667.jpg
途中で、クソチャイカポーに写真を撮らされる、( `д´) ケッ!
しかもポーズななんだとか、もう1枚撮れだとかギャースカうるせぇしw
バクシーン!って言えばよかったなw

201704kyoto0668.jpg
↑まだ、わーっと花筏にはなっていないけれど、少しずつ雨で落ちる花びら…

201704kyoto0675.jpg

201704kyoto0673.jpg
↑雨の哲学の道…写真撮ったり、歩くには足元が気になったりするけれども、それでもステキなもんだわ。

ああ、記事タイ…

「花を踏んでは同じく惜しむ少年の春」に因む。

白楽天の『春夜』の「燭を背けては共に憐れむ深夜の月 花を踏んでは同じく惜しむ少年の春」。
『白氏文集』に採られているから有名ですわね。

灯火に背を向けて深夜の月を眺めて桜の花を踏みしだき、この青春の時を惜しもうではないか…

青春…いや、中年の春、ですがね。
「酒を呑んでは同じく惜しむ中年の春」ですなw
歳取りゃ、ロマンもなくなるねぇw

春になると白楽天のこの「春夜」や杜牧の「江南の春」を思い出します。
嗚呼、最近は孟浩然の「春暁」かw
え?春だけじゃない、かw
そうだな、一年中眠いな。
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゃろちゃんねる

Author:ちゃろちゃんねる
アタマがアレなので難しいことはとにかくニガテ。
ユルくダラダラと生きるのが好き。

ま、いつも通りにテキトーに。

「レポ」とか何さま気取り?みたいなw
そんなカッケーもんじゃない。
「レポ」なんつって書いてたらちゃんちゃらおかしいわw
確かに全世界に垂れ流してはいるが、極めて内向きのオ●ニーブログですw
なので、書いてることは感想はあくまでもアテクシどもの個人的な感想、ゆえにまったく参考にならんと思うので、各自自己責任で、なw
ヲイラは責任取れません。
予定では0:00の更新だよ。

「全記事一覧」から記事を見ようとすると、めんどくさいと思うので検索してみてくださいお('A`)
…てか、検索してまでも見ないわなw

<掲載予定>
・小ネタ
・ポンコツうへさま、上洛の記
・ポンコツうへさま、湯治の記

写真はポチっとしてみておくんなまし。
今更ですが…記事・写真、コメント・TBの無断転載・転用はお断りいたします。

ちょっと試験的にテンプレを変えます。
なんかいいテンプレないかねぇ('A`)

最近の記事
最近のコメント
最近のTB
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!人
ロムってる人 |д゚)
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

オススメリンク
宿らんおすすめブロガー/東府や Resort&Spa-Izu
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
gallery