はねず@随心院

醍醐寺から洛中へ戻りがてら随心院へ。
随心院、醍醐寺から近いんだよね、クルマで5分ほど?くらいじゃね?('A`)

ま、そんなんで随心院、寄ってみたっちゅーワケ。

201704kyoto0420.jpg

201704kyoto0419.jpg

小野小町ゆかりの随心院。
梅の頃は「はねずの梅」で有名ですが、「はねず」…
ホワッ?
はねず…漢字で書くと「朱華」ですよ。
黄色がかった薄い赤。
「庭梅色」とも言われたそうです。
そう、この随心院、小野梅園、「はねずの梅」で有名なのです。

201704kyoto0409.jpg
↑「はねずの梅」の名残w
もう終わりかけもいいところ。

そう、そんな「はねず」は梅ばかりでなく…

201704kyoto0417.jpg
↑近所の子どもか?
遊んでいる姿も微笑ましく。

201704kyoto0411.jpg

201704kyoto0410.jpg
↑凛とした参道。

201704kyoto0414.jpg
↑紅枝垂れがほんの差し色に。

201704kyoto0415.jpg
↑小町ゆかりの化粧井戸。

201704kyoto0416.jpg
↑今でも滾々と水を湛えています。

醍醐寺と違って、ほとんど人がいない随心院。
穴場のお花見スポットではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゃろちゃんねる

Author:ちゃろちゃんねる
アタマがアレなので難しいことはとにかくニガテ。
ユルくダラダラと生きるのが好き。

ま、いつも通りにテキトーに。

「レポ」とか何さま気取り?みたいなw
そんなカッケーもんじゃない。
「レポ」なんつって書いてたらちゃんちゃらおかしいわw
確かに全世界に垂れ流してはいるが、極めて内向きのオ●ニーブログですw
なので、書いてることは感想はあくまでもアテクシどもの個人的な感想、ゆえにまったく参考にならんと思うので、各自自己責任で、なw
ヲイラは責任取れません。
予定では0:00の更新だよ。

「全記事一覧」から記事を見ようとすると、めんどくさいと思うので検索してみてくださいお('A`)
…てか、検索してまでも見ないわなw

<掲載予定>
・小ネタ
・ポンコツうへさま、上洛の記
・ポンコツうへさま、湯治の記

写真はポチっとしてみておくんなまし。
今更ですが…記事・写真、コメント・TBの無断転載・転用はお断りいたします。

ちょっと試験的にテンプレを変えます。
なんかいいテンプレないかねぇ('A`)

最近の記事
最近のコメント
最近のTB
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!人
ロムってる人 |д゚)
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

オススメリンク
宿らんおすすめブロガー/東府や Resort&Spa-Izu
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
gallery