そのスケールに目が点@依水園

昼食の予約もあって、あまり遠くにも行くことが出来ないので、奈良公園付近の名庭を回ることにしました。
で、第一弾は「依水園」。
こ、これが(;^ω^)
ほんとすごかった~。

2016044th0064.jpg
↑東大寺の裏っつーか、そのアタリにあります。
時代が異なる池泉回遊式の庭が2つあって、3400坪の大きさを誇りますたい。
庭園の入口手前に寧楽美術館が併設されていて、依水園を買い受けた中村家三代、準策・準一・準佑が収集した美術品が展示されてるだよ。
入り口で受付を済ませて、まず前園へ('A`)

2016044th0066.jpg

2016044th0067.jpg2016044th0075.jpg
↑前園は奈良晒を扱う幕府御用商人の清須美道清が江戸前期に、吉城川畔の若草山、御蓋山、高円山の三山を眺められる場所に「三秀亭」という茅葺屋根の別邸を構え、そして、この庭園を造ったそうだ。
ま、そんな名前に因んでか「三秀」ってな一服するところってか、甘味だったり軽食が摂れるとこがあったですよ。

もうね、ここでも相当ステキな庭なワケ('A`)
で、この後、デカく度肝を抜かれるw

で、後園('A`)

2016044th0079.jpg
↑゚(∀) ゚ エッ?
何、このスケープ。
明治期の庭なんだけれども、若草山、春日奥山、御蓋山、それに東大寺南大門までも借景にしちゃいました、(*ノω・*)テヘみたいな。

2016044th0082.jpg

2016044th0087.jpg2016044th0088.jpg

2016044th0093.jpg

いや、マジでスゴイです、ここの庭。
見せ方が反則だねw
前園から茶室の露地を抜けて後園に出るんだけど、それだからこそ余計にバーン!みたいな。
よくよく計算されて作庭されている庭だと思います。
京都の名庭とはまた違うすばらしさです。
季節ごとに絶対にステキに違いない。
いやはや、豪邸だわさw
スポンサーサイト

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゃろちゃんねる

Author:ちゃろちゃんねる
アタマがアレなので難しいことはとにかくニガテ。
ユルくダラダラと生きるのが好き。

ま、いつも通りにテキトーに。

「レポ」とか何さま気取り?みたいなw
そんなカッケーもんじゃない。
「レポ」なんつって書いてたらちゃんちゃらおかしいわw
確かに全世界に垂れ流してはいるが、極めて内向きのオ●ニーブログですw
なので、書いてることは感想はあくまでもアテクシどもの個人的な感想、ゆえにまったく参考にならんと思うので、各自自己責任で、なw
ヲイラは責任取れません。
予定では0:00の更新だよ。

「全記事一覧」から記事を見ようとすると、めんどくさいと思うので検索してみてくださいお('A`)
…てか、検索してまでも見ないわなw

<掲載予定>
・小ネタ
・ポンコツうへさま、上洛の記
・ポンコツうへさま、湯治の記

写真はポチっとしてみておくんなまし。
今更ですが…記事・写真、コメント・TBの無断転載・転用はお断りいたします。

ちょっと試験的にテンプレを変えます。
なんかいいテンプレないかねぇ('A`)

最近の記事
最近のコメント
最近のTB
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!人
ロムってる人 |д゚)
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

オススメリンク
宿らんおすすめブロガー/東府や Resort&Spa-Izu
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
gallery