FC2ブログ

長野県仙仁温泉 花仙庵 岩の湯6@朝食等

朝からしっかりとお風呂巡りをして朝食に「深仙庵」に向かいますた。

あー…そういえば、昨夜仲居サン、変なこと言ってたなぁ('A`)
「明日のご朝食もここ深仙庵で和食で…。」
(゚Д゚)ハァ?
アテクシどもは山国の和朝食は危険だと思い込んでいるので、和食なんぞ頼みませんよ?('A`)
と思いながら「深仙庵」のカウンターで名を告げると川を臨むテラス席に通されますた。

<テラス>
テラス3テラス2テラスからの眺め
↑前日の雨とは打って変わり(・∀・)イイ!お天気。
緑がキレイだよ~。

テラス1
↑なんだ、ちゃんと洋食じゃんw
ソバ茶を持ってきてくださったオバ仲居が、「和食もご用意出来ますが?」と聞きます。
いいえ、アテクシどもは洋食が食べたいのです!(`・ω・´) シャキーン
お茶を飲んで待ってるいると…。

スープ
↑ジュースが来る前にスープが出てきますた。
あれ?(つд⊂)ゴシゴシ
ジュースは?('A`)
はてさて味ですが、カナーリ薄味。

そしてまたオバ仲居がスープを出しながら「和食もご用意出来ますが?」
いいえ、2回聞かれてもアテクシどもは洋食ですわ!m9(・∀・)ビシッ!!

<ジャム&パン>
ジャム自家製パン
↑ブルーベリーや杏ジャムは当然のやうに「中山農園」でせうか?
アテクシは「澤屋」ジャムの方が好みですわ。
パンは前日から仕込まれるパンだそうでつが…。
もう少し香ばしく焼きあがってると吉。
croissantは…ダメだな、残念。

そしてバスケットに二人分のパンを持ってきたオバ仲居、「和食もご用意出来ますが?」
(゚Д゚)ハァ?(゚Д゚)ハァ?(゚Д゚)ハァ?(゚Д゚)ハァ?(゚Д゚)ハァ?
三度目の正直で、ここで「和食が(・∀・)イイ!」と言えばいいのれすか?('A`)
だいぶうんざりしますたw
っせーな、洋食だってんだろが( ゚Д゚)ヴォケ!! と言うワケにもいかず、
「いいえ、もちろん洋食を頂戴します!」と胸を張って答えるのでありますたw

<サラダ&卵料理>
サラダタマゴ料理
↑サラダのトマトは菅平のもの。
ドレッシングは味噌ベースのもの。
味は普通w
タマゴは激しくトロトロの半熟が好きなのでちと残念。

ここでジュースキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!

<ジュース>
ジュース
↑相方はリンゴジュースの写真を撮る前に飲んでしまいますたw
トマトジュースは普通のトマトジュースで残念だったわ。
嗚呼、(゚д゚)ウマーなトマジュー飲みたいわ('A`)
ミルクもチョイス出来ましたよ?

オバ仲居との禅問答のやうなやり取りの後、魚料理が出て来ますたが、
兄さんがあたふたやって来て、「申し訳ございません、お料理を取り替えさせて頂きます。」と言います。
はて?なにゆえ?
「実はこちらの手違いでナスをお出ししてしまいました。」
ああ、なるほど、そういうことかw

<魚料理>
魚料理
↑じゃ、おながいします┐(´~`)┌ ヤレヤレ
うーん、なんだかちぐはぐな朝食…非常に残念だ。
朝食まぁまぁ美味かったのに…。

<ヨーグルト&コーヒー>
ヨーグルトコーヒー
↑コーヒーを飲めない相方は紅茶をオーダーしたけど、せめて何の紅茶にするか聞いて欲しかったわ。
なんでもかんでもミルクティーなワケではないのれす。
でも、ワンココーヒー&紅茶出来たのはよかったれすよ?
しかもちゃんとポットが温められた状態で飲めますたもの。

ゆっくりと食後のコーヒーを飲み、身支度を整えて宿を後にしますた。

*宿泊後感想
信州の高級旅館では断トツだと思います。
高速のICからわずか車で15分ほど、秘湯というワケではないのに、秘湯気分も味わえて、なおかつ今流行りのデザイナーズ旅館の風情も味わえる。
そして宿に滞在して感じたことは、ハードは現社長の美学が如実に投影されているということ。
デザイナーズ旅館を意識して個性をなくしてしまった宿が多い中、オーナーの美的感覚が前面に出た宿。
宿というよりマナーハウスに招待されたかのような感覚。
たぶんこのままいろいろと形を変え進化していく宿になるんでしょうね。
そういう意味ですごく楽しみであります。
また接客も若干の行き違いはあったものの、田舎の宿でありながらベタベタもしていなくて、着かず離れずの心地よさ。
そこに驚異的な稼働率、リピート率が反映されているんじゃないかと思うのです。
次は何やってくれるんだ?みたいな、ねw
もちろん、改善して欲しいなと思う点も多々あったのは事実ですが、(部屋に新聞入れるとか酒増やしてとかw)概ね満足でした。
そして気になるところのコスパですが、料理などを考えると宿泊費に見合ったものか?と聞かれると個人的には割高感があります。
施設費(たとえば貸切風呂の造営費が料金に乗ってる感じがしますた。)が料金に反映しちゃってるような希ガスw
アテクシの中では重要なウエイトを置く料理とかが、美味かったけど…やっぱそこは山菜とかだし…w
下手すると京都の旅館で1泊できちゃいますからねw
まぁその分をパブリックや風呂でカバーという感じもしないでもないです。
ですので、仙山亭(でもいいけど)ではなくもうちょい安い部屋に友達、家族など人数を揃えて宿泊したほうがお得じゃないでしょうかね?

季節を変えて、歳月を置いてその進化ぶりをみたいと思う宿であります。


1人¥44,200(税込)なり。
2007年7月
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いつも楽しく拝見してます。岩の湯って雰囲気あるところですね。一度は行く価値がありそう。

ちゃろさん、こんにちは。

宿泊先の選択にあたって、この宿はワタクシの中で微妙な存在なんですよ。
雑誌などで見ていて「行きてえ~」という気が起こらなかった。
なんか、「しっとりとして落ちついた雰囲気」や「料理の美味しさ」を写真からは感じなかったからです。
でも凄い人気で。 想像するに、どこか若者のグループや若いカップル向きの宿じゃあなかろうかと・・・

それから長野市以遠は遠いなっていう思いがあるんです。
20年くらい前は、長野を越えて妙高や志賀へ平気でスキーに行っていたんだけど、年老いた今、「ひとつの乗り物に3時間以上座りずめ」ということが我慢できなくなってしまったんです。乗り換えありで「1時間半+1時間半=3時間」は気にならないのにww
特に長野新幹線が出来て東京から1時間40分で行けるのに、名古屋からだと3時間半もかかって行くことがアホらしくて悔しくてwww
子供の時はSL急行(後に気動車になった)で長野から5時間以上かけて名古屋に出てきていたんですよ。だから深層心理で「名古屋~長野は遠い」というものがあるのかも。
でも時刻表見たら、今は2時間50分で長野に着くんですね。速くなったもんだ・・・・

須坂の町は、大昔、長野に住んでいた時、爺様の代からの知り合いがいてよく遊びに行ったんで思い出の土地。
また当時のワタクシ(小学生)の部屋(二階)の窓からは菅平が素晴らしく見えていて、飽きずに眺めていたもんです。二階の窓から一階の屋根に出れたんですけどね、その屋根に寝そべってボーッと眺めていたんですwww
今でもその景色、思い出せますよ。その辺りのどこかに宿があるんでしょうね。

年取ると昔住んでいた所を訪れてみたくなるw (これ、ホンマに年取った証拠wwww)

予約取るの大変そうだけど、再来年くらいに挑戦してみようかな。
20数年振りの善光寺参りも兼ねて・・・

>ゲストさん

こんにちは。
拙いブログにお越しくださってありがとうございます。
またこれからもちょくちょく遊びにいらしてくださいね。
雰囲気はステキだと思いますよ。
これからの季節、紅葉、雪…ステキな宿なんでしょうね。

>あびさん、こんにちは。

>宿泊先の選択にあたって、この宿はワタクシの中で微妙な存在なんですよ。

そう、わかりますよ!
その微妙さw
今回アテクシも背中を押されたようなもんでしてw
まぁ、話の種に一回行ってみよかいな、みたいなもんですわ。
話の種に4.4はちとキツイですがw

>想像するに、どこか若者のグループや若いカップル向きの宿じゃあなかろうかと・・・

アテクシどもがお伺いした時は若いカポー&グループっていうより仙仁温泉だけに仙人に近い方達が多かったですよ。
逆に五月…(ryって感じですた。

>子供の時はSL急行(後に気動車になった)で長野から5時間以上かけて名古屋に出てきていたんですよ。だから深層心理で「名古屋~長野は遠い」というものがあるのかも。

す、すみません。
SLも気動車?も存じ上げないのですが(;´Д`)
でも、それはそれで今だとたまらなく旅情をかき立てられること請け合いですね。
…と言いながら思いっきり車ですがw

>でも時刻表見たら、今は2時間50分で長野に着くんですね。速くなったもんだ・・・・

日本の電車日々進化してますね。
最近電車に乗ることもないのですが、
たまーにJRのCMとか見て、「へー!早っ!」と思いますが。
でもヨーロッパに比べりゃまだまだですがw

>年取ると昔住んでいた所を訪れてみたくなるw (これ、ホンマに年取った証拠wwww)

ははぁ、なるほど。
あびさんがお書きになられたことと少し違うかもしれませんが、
人間一度訪れた土地は必ずもう一度訪れるようになってるそうですよ。
土地の神様の思し召し。

>予約取るの大変そうだけど、再来年くらいに挑戦してみようかな。
>20数年振りの善光寺参りも兼ねて・・・

平日だと結構早めに行けますよ。
かく言うアテクシも「最短でいつだえ?」と聞いてあちらの予定に合わせて行きますた。
ただ、マジで食事がね…。
4.4出すなら他に行けば旨いものに出会えそうですから。

善光寺参りもですが、あびさん、お互いにお伊勢さんも頑張って行きましょうね!
(例のコースでwwwww)

こんばんは、ちゃろさん。御返事ありがとうございます。私も皆さんの輪に入れてください。やっぱり予約が難しいみたいですが、一年先でも行きたいです。

>ゲストさん
こんばんは、お返事遅くなりました。

>私も皆さんの輪に入れてください。

是非是非いつでも気楽に来てくださいね。
HNつけてくださるといいかも。
まだまだ少ないですが、頑張っていろんなところに行きたいと思っています。
予約、頑張りましょう!
これからの季節いいでしょうね。
私はここで紅葉が見たいなぁと思いました。

こんばんはーちゃろさん。
>せめて何の紅茶にするか聞いて欲しかったわ。
>なんでもかんでもミルクティーなワケではないのれす。
>しかもちゃんとポットが温められた状態で飲めますたもの。
上記三行、そっくりそのまま私が外で紅茶を飲むたびに考えている
ことですわ~~~~!
本当、基本を守らない紅茶の、どんだけマズイことか(--)
良い茶葉でも、ポット、カップを温めて熱湯でいれる手間を適当にした
お茶はどんだけ悲しい味か・・・。
(中華料理屋の野菜炒めで、弱火で炒めて水気だらけに仕上がった野菜炒め
のようなものではないすか?)
「お金ではなく些細な手間を惜しむ輩など、逝ってしまえ!」と思う瞬間があります。

それにしても、ジュースの前にスープを持ってくるとか、「和食に出来る」
としつこく繰り返すという変にマナー無視の傾向が見えるかと思いきや、
禁止食材であるナスに気をつかう等細かさが見える部分もあり、面白いですねえ・・・

岩の湯、お風呂もパブリックも素敵だし、是非私も行ってみたいです。
40分お風呂で待つ気力はないけど、訪問してみたいです!

しまさん、こんばんは。
お久しぶりです、というか無事帰国おめでとうございますw

紅茶の淹れ方…ほんとほんと。
紅茶だけでなくお茶とかでもそうですよね。
finishing schoolでも逝けや!みたいなw
石田三成が秀吉に呈した三度のお茶の淹れ方でもしろとは言いませんw
そこに必要なのは手間や機知ですよね。

>それにしても、ジュースの前にスープを持ってくるとか、「和食に出来る」
>としつこく繰り返すという変にマナー無視の傾向が見えるかと思いきや、
>禁止食材であるナスに気をつかう等細かさが見える部分もあり、面白いですねえ・・・

あはは、これは結構自分でも笑ってしまいますたよw
人がやることなんで仕方ないのれす。

>40分お風呂で待つ気力はないけど、訪問してみたいです!

あうあう…。
写真を撮ることに夢中で、気がついた時には他の方が入ってしまわれていますたil|li_| ̄|●il|li
もし待つハメになっても、お天気がよければテラスにでも出て山の景色を見ながらおしゃべりでもしていたら、
その時間もあっという間ではないかと思います。
季節が緑の時期だったけれど、山の緑でも眺めたり、
これからだったら紅葉を眺めて心許せる一緒にいたい人とおしゃべりするのはいかがでしょう?
私にしたら普段忙しくてそういう時間がなかなか取れないので、待つのも一興か、とw
生来案外暢気に出来ているからかもwwwww

ちゃろさん、こんばんは。
ここでは、お久しぶりですね。

真夏の伊豆シリーズの発表がありましたね。
原則再訪無しのちゃろさんとしては、訪問先がだんだん限られてくるようで・・・(といっても新規開業やリノベーションしたお宿は、雨後の筍の如くありますが)
お宿の名前を拝見していると、突撃特攻隊の雰囲気もちらほらとwww
勝敗の行方が非常に気になりますね~w
あびセンサーに引っかかるお宿は1軒だけかなww

まだまだ特攻隊になれないワタクシといたしましては料亭修業路線を並行しだした次第でしたが、それでもなんとか少しずつではありますが現代人気宿探訪路線へも軌道修正しています。
まず第一弾が明後日、請うご期待です。

やっと、あと数日に迫った(抱腹絶倒???)伊豆シリーズ、首を長~くして待っとります。

>あびさん

こんばんは、ご機嫌麗しゅう。
そうですね、ここではお久しぶりですw

>原則再訪無しのちゃろさんとしては、訪問先がだんだん限られてくるようで・・・(といっても新規開業やリノベーションしたお宿は、雨後の筍の如くありますが)

そうですね…原則、よほどの事情か気に入らないと再訪しませんねぇw
なかなか欲張りにできていて「もっとええ宿あるんちゃうか?」
とやらしめのオッサンのやうな感覚ですわw
新規開業・リノベーションの罠にまんまと嵌ってしまいますけどwwwww

>お宿の名前を拝見していると、突撃特攻隊の雰囲気もちらほらとwww

ホホホ、嫌ですわ、あびさま。
ここはみなさんに「娯楽」を提供する場ですわよ?
道化師は道化師として踊らなくてはwwwww
笑顔の仮面の下に涙ですわよ?

>勝敗の行方が非常に気になりますね~w

まぁ、負け越しですがねwwwww
ネタを提供してくれたんだから安いもんですわwwwww、今回の旅。

>あびセンサーに引っかかるお宿は1軒だけかなww

えーえー、しばらく…たぶん9月の半ばごろにはアップする予定ですわ。
老舗の実力…。

現代人気宿…嗚呼、今月末も気になりますわ。
そうそう、今月末に行かれるバーの佐藤サン、残念ながらすでにお辞めになってらしたです。
そーは言っても酒を楽しんでくだされ。
そして、遂にやかましい婦女子の総本山にまでお越しになるんですね!
嗚呼、今年は熱い!
ラニーニャは罪作りですわ。
まぁ、あびさんがこよなく愛する老舗や一流とは違う毛色を気楽に楽しめればいいですね!

抱腹絶倒…?かすら?wwwww
えーえー、自動手記のやうに指が勝手に動いちゃって、動いちゃってwwwww
笑いを取れるかわかりませんが、ドゾよろしく(ノ∀`)

ちゃろさん、またおこんばんは。

>えーえー、しばらく…たぶん9月の半ばごろにはアップする予定ですわ。
>老舗の実力…。

そうくるかな? って思っていましたよ。
でも、ちゃいまんねん。

その一軒は、村上信夫の弟子の店でんねん。

我が家の洋風お惣菜のレシピ(ワタクシも30歳前後はそれ見て挑戦してたんでっせ)
は 「村上信夫の おそうざいフランス料理」
昭和53年発行の本なんですけど、いまだに我が家のバイブルですねん。
村上信夫さんも大好きで、日本国営放送の料理番組楽しみにしてましてん。

この頃から、メインダイニングの「フォンテンブロー」に憧れていまして、いつかは行こうと。
しかし、今はなくなってしまって「レ・セゾン」に・・・

老舗の方は、HP上のプランがようわかりまへん。
最低料金と最高料金が離れすぎていますやろ、こういうのは???ですねん。

>あびさん
こんばんは。

あはは、ハズレちゃいますたw
そっちか…そっちねぇ…うー…ん。
もちろんアテクシどもが逝った理由も当然、「村上信夫の流れを汲む料理」だけですわ。
そうそう、「レ・セゾン」なんですよね…。
昔、お世話になったバーテンダー諸兄がいた「レインボーラウンジ」も姿を消してしまい、ちょっと寂しいものがありますが。
さぁ、あびさんが気になる一軒はどうなんでせうね?wwwww
ま、カナーリ笑えるネタ満載でお届けしたいと思いますが、いかんせん6泊。
1ヶ月ほどのロングラン掲載になりそうですので、お見限りないようおねがいしますよ?
わかりますたか?('A`)
わかりますたね?('A`)

いよいよ今夜からです!m9っ`Д´)
ちぇけら!m9っ`Д´)
プロフィール

ちゃろちゃんねる

Author:ちゃろちゃんねる
アタマがアレなので難しいことはとにかくニガテ。
ユルくダラダラと生きるのが好き。

ま、いつも通りにテキトーに。

「レポ」とか何さま気取り?みたいなw
そんなカッケーもんじゃない。
「レポ」なんつって書いてたらちゃんちゃらおかしいわw
確かに全世界に垂れ流してはいるが、極めて内向きのオ●ニーブログですw
でも、全部自腹だよーんw
なので、書いてることは感想はあくまでもアテクシどもの個人的な感想、ゆえにまったく参考にならんと思うので、各自自己責任で、なw
ヲイラは責任取れません。
予定では0:00の更新だよ。

「全記事一覧」から記事を見ようとすると、めんどくさいと思うので検索してみてくださいお('A`)
…てか、検索してまでも見ないわなw

<掲載予定>
・小ネタ
・箱根旅
・温泉旅

写真はポチっとしてみておくんなまし。
今更ですが…記事・写真、コメント・TBの無断転載・転用はお断りいたします。

ちょっと試験的にテンプレを変えます。
なんかいいテンプレないかねぇ('A`)

最近の記事
最近のコメント
最近のTB
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!人
ロムってる人 |д゚)
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

RSSフィード
リンク
ブログ内検索
gallery