伊豆修善寺温泉 鬼の栖

湯布院に御三家があるように、ちゃろちゃん的には修善寺御三家がある。
その1軒がこの「鬼の栖
(すみません、腐ったやうなアナログの写真はあるんですが、載せるの止めますた。)

いわずと知れた「石亭」グループの熱海の桜岡茶寮と並ぶ料亭旅館だ。
個人的には食事はこっちの方が上だと思っている。
それにサービスのきめ細やかさもこっちの方だなぁ。

必ず客室に1人の部屋係さんがついていてくれて、玄関から部屋に通されると部屋の式台で三つ指ついて「おかえりなさいませ」と来る。
ちょっと気恥ずかしいものの、この後のサービスにぐっとくるのであった。
主室に通されると、冬場だからとひざ掛けが用意されている。
桜岡茶寮だって冬場に泊ったけど…?はて…?
そしてお決まりの「お洗濯物」サービスw
しっかり出しましたよ…数日分。
翌朝にはきっちり畳まれて持ってきてくれる。
部屋は「下鴨」という客室露天がついたタイプ。
他に洋館などもあるから自分の好みに応じて。
風呂は宿泊客の割りには大きな造りで、露天風呂のみ。
ま、これは石亭らしさとでも言おうか。

さて、夕食なワケですが…。
濡れた杉箸にはあまりお目にかかれません。
ご飯の際には塗箸に代えられるという配慮。
さすが料亭旅館。
記念日をなにげに宿帳に書いたら鯛の焼物を出して頂きますた!

一品ずつが完成度が高いことはもちろん、部屋係さんが必ずと言っていいほど、台をきちんと毎回拭いていく。
今回感動したのが「ちりめん山椒
「ちりめん山椒」フェチとして板場に別注で作って頂き、後日配送してもらいますたよ。
それに破格の値段ですた(・∀・)イイ!
夜食におにぎり(もちろん「ちりめん山椒」の)を頂きますた。
あ、食事中の雷の効果音は機械が壊れてしまったため、暫くおやすみだそうですた。(その後復活したんだろうか?)
至れり尽くせりがウザイと思う人には合わないかもしれないけれど、ちゃろちゃん的には滞在中は相当まったり出来ますた。
女将をはじめスタッフの皆さんの顔が見ることが出来たし、言葉を交わすことが出来て感じたことは、「なんとなくほのぼの」ですた。
全然気負わずくつろげる場所、そんな感じがした宿ですた。

2004年1月だったかすら?
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃろちゃんねる

Author:ちゃろちゃんねる
アタマがアレなので難しいことはとにかくニガテ。
ユルくダラダラと生きるのが好き。

ま、いつも通りにテキトーに。

「レポ」とか何さま気取り?みたいなw
そんなカッケーもんじゃない。
「レポ」なんつって書いてたらちゃんちゃらおかしいわw
確かに全世界に垂れ流してはいるが、極めて内向きのオ●ニーブログですw
なので、書いてることは感想はあくまでもアテクシどもの個人的な感想、ゆえにまったく参考にならんと思うので、各自自己責任で、なw
ヲイラは責任取れません。
予定では0:00の更新だよ。

「全記事一覧」から記事を見ようとすると、めんどくさいと思うので検索してみてくださいお('A`)
…てか、検索してまでも見ないわなw

<掲載予定>
・小ネタ
・うへさま、上洛の記

写真はポチっとしてみておくんなまし。
今更ですが…記事・写真、コメント・TBの無断転載・転用はお断りいたします。

ちょっと試験的にテンプレを変えます。
なんかいいテンプレないかねぇ('A`)

最近の記事
最近のコメント
最近のTB
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!人
ロムってる人 |д゚)
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

オススメリンク
宿らんおすすめブロガー/東府や Resort&Spa-Izu
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
gallery