軽井沢星野温泉 星のや

ほとんど毎年軽井沢に逝っているのだが、去年はあまりの忙しさに逝けずで、
じゃま、今年は遅ればせながら「星のや」へ泊まろうということで逝ってきますた。
なんか星のや、基本的に2泊だとか(゚д゚)ポカーン
んな2泊もTVなしじゃ生活できませんよ、だ。
で、一休.comで1泊というプランがあったので利用したワケであります。

<車寄せの玄関>
車寄せ玄関
↑この奥に車を預けて専用の日産キューブで各部屋まで連れて行ってもらいます。

<フロント&ウエルカムドリンク>
フロントウェルカムドリンク
↑ここでチェックインの手続きをします。
なんかとてもエキゾチックな雰囲気なのですが…うーん、なんか違う気もしますたw
ウエルカムドリンクはユタニとか申す水と米の飲み物ですが('A`)
うーん、これはどうよ?みたいな…。

部屋は谷の集落、水波の棟230号室ですた。
お風呂に一番近い部屋。
部屋から


<お着き菓子>
お着き菓子
↑スタッフの方がお茶を淹れてくれました。
麩まんじゅうがお菓子です。
それにしても紙おしぼりが…モニョ('A`)

<部屋の水回り>
シンクアメニティ内風呂
↑旅館ではお馴染みの巾着袋は名前も入っていない無地でシンプルなもの。
備え付けの石鹸は集いの館の売店でも売ってますた。
また、内湯はハーブ湯ということでミントが用意されています。
それと滞在着には作務衣が用意されてて、なんかなー…ちょっとね。
それとパジャマの色も…モニョ。
あ、ただ、星のやのロゴが刺繍されているデカイフリースのマントはなかなかいいですよ。
ひざ掛けにもなります。

<ベッド>
ベッド
↑間接照明で字が見えないw
読書にはつらいなぁ。
もちろん、スタンドありますけど…ちょっとねぇ┐(´~`)┌ ヤレヤレ

<冷蔵庫>
冷蔵庫
↑やっぱり軽井沢近郊はよなよなエールですね。
しかし、「とんぼの湯」の傍の「ハングリースポット」で湯上りの生が飲めます。

<星のやの風景>
風景1風景2風景3

風景4風景5
↑まさに作られた集落ですね。
似たような建物が多く、最初は( ゚д゚)ハッ!としますが、見慣れるとふーんという感じですね。
にしても、虫が多くて…部屋にはムヒとかあったけど、ベープとか置いて欲しかった。

<メディテーションバス>
メディテーションバス
↑星のや宿泊者専用のお風呂。
なかなかおもしろい造りですが、黒のお風呂のほう、圧迫感がありすぎ。
瞑想どころじゃなかったぜ( ゚д゚)ヤ!
そう!
それと、マッサージ高杉!
宿泊した際にはマッサージかエステよくやるけど、ここのマッサージ高杉だよ~。
80分で¥21,000ってどうよwwwww
ちなみに翌日の万平では80分1マソでした。

<トンボの湯>
トンボの湯
↑日帰り客もかなーりいるので少しばかり芋の子を洗う状態。
宿泊した日は大雨警報が出るくらいの大雨で、露天風呂であまりまったりできず。
湯の花(ちょいと汚っぽいので)が多いので嫌な人も多いかも。
大雨のためハングリースポットに逃げ込み生ビールをw
生ビールを飲みながら部屋まで送ってもらうためキューブ号を待つ。

続きを読む»

スポンサーサイト
プロフィール

ちゃろちゃんねる

Author:ちゃろちゃんねる
アタマがアレなので難しいことはとにかくニガテ。
ユルくダラダラと生きるのが好き。

ま、いつも通りにテキトーに。

「レポ」とか何さま気取り?みたいなw
そんなカッケーもんじゃない。
「レポ」なんつって書いてたらちゃんちゃらおかしいわw
確かに全世界に垂れ流してはいるが、極めて内向きのオ●ニーブログですw
なので、書いてることは感想はあくまでもアテクシどもの個人的な感想、ゆえにまったく参考にならんと思うので、各自自己責任で、なw
ヲイラは責任取れません。
予定では0:00の更新だよ。

「全記事一覧」から記事を見ようとすると、めんどくさいと思うので検索してみてくださいお('A`)
…てか、検索してまでも見ないわなw

<掲載予定>
・小ネタ
・ポンコツうへさま、湯治の記
・ポンコツうへさまのポンコツ夏休み

写真はポチっとしてみておくんなまし。
今更ですが…記事・写真、コメント・TBの無断転載・転用はお断りいたします。

ちょっと試験的にテンプレを変えます。
なんかいいテンプレないかねぇ('A`)

最近の記事
最近のコメント
最近のTB
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!人
ロムってる人 |д゚)
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

オススメリンク
宿らんおすすめブロガー/東府や Resort&Spa-Izu
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
gallery