京都府京都市 粟田山荘6@朝食等

前夜は千鳥足で青蓮院のライトアップを見に逝って戻ってくるやいなや速攻爆睡をこいたワケですが、
爽やかに目覚めて朝風呂へ…。
ただ、他のゲストが7:00からお風呂に入るということでアテクシどもはその後の入浴。
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
ご、ご飯…8:00からおながいしてあるのですけども?('A`)
慌てながら入る朝風呂、落ち着かないなぁ。
慌ててお風呂から出てくると朝食の部屋へ案内されますた。
朝食は前日お茶を頂いた「藤」の間で頂きまつ。

朝食の藤の間1朝食の藤の間2食卓
↑なんかこんな広いとこで2人で朝食って…アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
ちょ、ちょっと落ち着かないかもw
でも、庭見ながらご飯食べるの考えると贅沢だなぁ。

続きを読む»

スポンサーサイト

京都府京都市 粟田山荘5@食事

食事前にお風呂に入ってカナーリ汗だく状態でチン☆⌒ 凵\(\・∀・)<ビールマダァ?
そう、早速帳場におながいしてビールを頂くことにしますたよ。
したらば食事の予定の時刻18:30にはまだ時間が少しばかりあったのですが、
食事の部屋に通してくれるとのこと。

茶室へのくぐり茶室襖1茶室襖2
↑茶室のくぐりというか、同安囲の上には「趣味長寿」の額が。
でもさ~こんな生活してるアテクシども間違いなく「長寿」ぢゃないわよ?w
襖の把手…かわいい~.。゚+.(・∀・)゚+.゚パァァ!
食事は玄関から上がってまっすぐの突き当たりの「茶室」で頂きまつ。
外人サンとかに人気がある部屋のやうです。

<茶室>
茶室茶室しつらい茶室からの眺め
↑茶室だから狭目だけど、部屋はいい感じでつわ。
でも、いきなり食事の時間前から座卓に八寸とかが鎮座していてちとナッカリw

ではでは、食事の模様をば…。

続きを読む»

京都府京都市 粟田山荘4@庭

「粟田山荘」に宿泊しようと思ったひとつの動機は、ここの名庭園・石翠を眺めたいと思っていたからどす。
270坪にも及ぶ枯山水の名園。
西陣の織元が惜しげもなく資金投入して、建てられた本格的数寄屋造りの建物との対比は考えただけでも.。゚+.(・∀・)゚+.゚パァァ!
しかも季節は晩秋、もしかすたら紅葉にありつけるんジャマイカ?なんて考えたワケですよ。

続きを読む»

京都府京都市 粟田山荘3@パブリック

パブリックはほとんどないのでwお風呂とか他の部屋になりますwwwww

*玄関前
玄関前玄関前2
↑ちょっとした庭園で、井戸に織部の釣瓶があったりでなかなかハァハァできますたw

玄関入るとすぐに応接がありますたけど、ちと写真が撮りにくく…(ノ∀`)

*調度品
玄関の花調度品
↑金魚鉢は長崎で別に金魚を鉢に彫ってもらったそうです。
近くで見るとカコ(・∀・)イイ!

*他の部屋…っても外からだけどwwwww
夜の2階桜の間
↑1階の「藤」の真上にあるのが、「桜」。
11畳の広間に6畳の畳敷きの広縁廊下の造りじゃないかすら?

続きを読む»

京都府京都市 粟田山荘2@客室

通された客間は「さつき」の間になりまつ。
先ほどお茶を頂いた「藤」の間の2つ横、ちょうど板場の前の部屋になります。
8畳一間の部屋ですが、この手の料亭旅館は食事だけの部屋の数が多いから、客間は一部屋でも充分。

続きを読む»

プロフィール

ちゃろちゃんねる

Author:ちゃろちゃんねる
アタマがアレなので難しいことはとにかくニガテ。
ユルくダラダラと生きるのが好き。

ま、いつも通りにテキトーに。

「レポ」とか何さま気取り?みたいなw
そんなカッケーもんじゃない。
「レポ」なんつって書いてたらちゃんちゃらおかしいわw
確かに全世界に垂れ流してはいるが、極めて内向きのオ●ニーブログですw
なので、書いてることは感想はあくまでもアテクシどもの個人的な感想、ゆえにまったく参考にならんと思うので、各自自己責任で、なw
ヲイラは責任取れません。
予定では0:00の更新だよ。

「全記事一覧」から記事を見ようとすると、めんどくさいと思うので検索してみてくださいお('A`)
…てか、検索してまでも見ないわなw

<掲載予定>
・小ネタ
・ポンコツうへさま、湯治の記
・ポンコツうへさまのポンコツ夏休み

写真はポチっとしてみておくんなまし。
今更ですが…記事・写真、コメント・TBの無断転載・転用はお断りいたします。

ちょっと試験的にテンプレを変えます。
なんかいいテンプレないかねぇ('A`)

最近の記事
最近のコメント
最近のTB
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!人
ロムってる人 |д゚)
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

オススメリンク
宿らんおすすめブロガー/東府や Resort&Spa-Izu
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
gallery